『ホワイトアウト』 :作品自体がホワイトアウトしとる

評価★★☆☆☆
原題WHITEOUT
公開2009
時間100 min
監督ドミニク・セナ
出演ケイト・ベッキンセール
ガブリエル・マクト
コロンバス・ショート

ギミックの水増しは良くない

映画作品においては、もはや単純なミステリーを描くことは出来ないのだろう。どうしても「今更そんなものを見せられても」という感想がつきまとわざるを得ない。映画というフォームで表現すべき理由が何かしらなければならないのだ。

『ホワイトアウト』は南極での犯罪捜査などのギミックが加えられている。題名が示す通り、死に至る気温と暴風雪のなかで行われる捜査が主体となるわけだが、残念ながら、誤ったものを結びつけてしまった感が大きい作品である。

余計なものをくっつけてしまったことにより、描くべきことが散漫になってしまっている。おまけに酷寒の環境下というところに注力しすぎたせいか、肝心のミステリー部分が疎かになっているみたいだ。

もうほとんどケイト・ベッキンセールの美しさだけで作品を引っ張っていってるようなものである。


ド・リンク

南極初の殺人事件

南極アムンゼン・スコット基地で任務につく連邦保安官局の特別捜査官キャリー・ステッコのもとに、飛行中に死体を見たとの連絡が入ったので捜査してほしいとの依頼が入る。キャリーが医者のジョン・フューリー、パイロットのデルフィとともに現地へと確認しに行くと、その死体はかつてポーカーをしたこともある地質学者のワイズのものだった。

ワイズの死体は損傷がひどく、かつ明らかに不自然な状態で放置されていた。基地から遠く離れているのに軽装で、しかも崖の近くに倒れていた割には登山用の装備も見当たらなかった。

フューリーは外傷から殺人と断定、キャリーは南極で初めての殺人事件の捜査を始めることになる。

中身が薄い

この作品は冒頭に飛行機内で銃撃戦があるのだが、それが終わると、ケイト・ベッキンセールがシャワーを浴びるお色気シーンがある。

勿論このシーンは後にストーリーに関わってくるわけでもなく、初めの頃にそんなものを入れなければならない作品だということを、哀しいことに露呈してしまっている。

この作品は、そんなメインストーリーに全く関係ないシーンが多発する。必要のないシーンが多いということは、中身が薄いということと同じである。

例えばキャリーとデルフィ、そして後に捜査に加わる国連捜査官プライスが、銃撃戦の末に墜落した飛行機を雪面の下に見つけるのだが、上部の雪が崩れて飛行機内に閉じ込められるという展開がある。これも緊張感を加えるためだけに挿入された、全くメインストーリーに関わってこないシーンである。あとその場にいる国連捜査官のプライスという男も特に進行に必要ないキャラクターである。

さらにキャリーは過去に相棒に裏切られて殺されかけたというトラウマを持っているのだが、作中で何度もそのトラウマシーンが繰り返されるので、ウザいことこの上ない。おまけにそれが何を意味しているのか中盤を過ぎるまで説明されないときている。

アクションシーンにおいても(そもそもミステリーなのだからアクションシーンなんていらない……大体ベッキンセールが雪の中で厚着でフラフラするのが何が面白いのか二秒たりともわからん。むしろ水の中で水着でフラフラしたまえ)、猛烈な吹雪の中で飛ばされないようにカラビナをロープに通しながら戦うのだが、長いロープの中継点のピンポールを越えようとする時に、キャリーも犯人もいちいちカラビナを付け替えるというどうでもいいギミックが印象付けられており、そこまでして表現することか?と考えてしまう。

なお真犯人はあの人であるということは、「刑事コロンボ」並みの登場感で大体誰もがすぐに気づくので、ミステリーとしても三流である。

<おわり>

ド・リンク