TAG

★★★★☆

  • 2020年9月23日

ザ・コア : 責任こそがリーダーの条件だ

★★★★☆ 突如として起こり始めた地磁気の異常。ペースメーカーの人々は倒れ、鳥たちが異常行動を起こした。やがてバンアレン帯が縮小し太陽が地球を焼き始める。地球物理学者キーズ博士は、地球のコアを再起動して地磁気を再生する軍のプロジェクトに参加することになる。各エキスパートとともに地球内部へ向かう船に乗りコアを目指すが、予想外の出来事の連続に計画は難航を極める。

  • 2020年1月10日

『ワイルド ラヴァーズ』 :エロティシズム半開のサイコスリラー

★★★★☆ シェアハウスに住む女学生アマンダ(ケイティ・キャシディ)は、親友のナタリーを失踪で失っていた。ある夜ナタリーはアマンダに電話で車の故障の救助を求めたまま行方不明になっていたのだ。そんなある日かつてはアマンダのものだったシェアハウスの隣の部屋に新しい住人ヘイリーがやって来る。気の強いヘイリーは元カレに暴力を受けるアマンダを助けてくれたが、勢い余って元カレの頭部に手斧を打ち付け殺してしまう──。

  • 2020年1月6日

『ザ・フォーリナー/復讐者』 :ジャッキー、今度はIRA相手に一発やらかす

★★★★☆元米国特殊部隊の隊員クァン(ジャッキー・チェン)はIRAの爆弾テロで一人娘を失う。失意と絶望に苛まれるクァンはIRAのテロリストたちに復讐を誓う。クァンは、元IRA、現北アイルランド政府の副主席大臣リアム(ピアース・ブロスナン)から首謀者の名を聞き出そうとするが、リアムは口を割ろうとしない。そんな状況に苛立ったクァンはリアムを脅迫し始めるが──。ジャッキーとブロスナンという異色の共演のクライムスリラー。

  • 2020年1月1日

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 :自分に言い訳するのはやめよう

★★★★☆銀行員カール・アレンは離婚してからというもの何事にも「NO」で済ましてきた。仕事でもNO、友達付き合いでもNO、そして親友の婚約パーティもすっぽかし「お前に待っているのは孤独死だ」と脅されてしまう。恐怖を覚え始めたカールは友人に紹介されあるセミナーに参加する。そのセミナーでは、何事にも「NO」と言わず「YES」であれ、と教えられる。半信半疑のカールだったが、「YES」と言い続けたことでタイプの女性アリソンと出会うことになり──。

  • 2019年12月28日

『スリーデイズ』 :信じるとはどういうことか

★★★★☆一人息子を得て幸せな家庭を築いていたジョン・ブレナンだったが、ある朝警察によって妻ララを殺人容疑で逮捕される。裁判も虚しく罪が確定したララを刑務所から助けるため、ジョンはララの脱獄計画を練り始める。家も家具も売り、犯罪者と渡り合い、脱獄に必要なこと、もの全てを手中に収めていくジョンだったが、ララは長期収容のための別の刑務所へ移送されることが決定する──。

  • 2019年12月26日

『ゾンビシャーク』 :サメがゾンビで1+1で200だ!

★★★★☆四人でバカンスでもしようとサメの島へ訪れてしまった主人公一行。打ち上がったサメの死体を見ていたひとりがそのサメに飲み込まれてしまい皆さんパニック。ロケット砲を持ち出してサメを退治するも、サメは一匹だけではなかった。しかも次々とサメにゾンビウィルスが感染し、人間すらゾンビになる始末。なぜソンビサメが現れたのか。島には恐るべき事実が隠されていた──。とかいなかったとか。

  • 2019年12月14日

『コールド・スキン』 :海から来る何か

★★★★☆人生を憂いている男が気象学者として南大西洋の島に赴任する。その島には灯台はグルナーという無愛想な男が住んでいるだけで、他に住み込み学者のための住居が一軒あるだけだった。ある夜気象学者の住むその住居が正体不明の何かによって襲われる。それは海から上がってきた人間状の生物だった。気象学者はグルナーに助けを求めるが、灯台には彼を襲った海の亜人間の仲間がグルナーとともに暮らしていた──。

  • 2019年12月13日

『ウインド・リバー』 :ネイティブアメリカン社会にある現実とは──

★★★★☆ワイオミング州ウインドリバー保留区に住むハンターのコリーは、雪山のなかで女性の死体を発見する。その亡骸はコリーの親友の娘ナタリーのものだった。ナタリーは裸足で、しかも肺からの出血による窒息で亡くなっていたという奇妙な状況に、コリーはFBI捜査官ジェーンとともに捜査を開始する──。雪のモノクロームを背景に寂寥感漂う社会派ミステリー。

  • 2019年12月12日

『ジュピター』 :スチームパンク風スペースオペラ

★★★★☆完全に名前負けしてる少女ジュピターは、異星人に殺されそうなところをケインと名乗る男に助けられる。実はジュピターは宇宙を支配する一族の女王の生まれ変わりだったのだ。ジュピターは宇宙の勢力間を行ったり来たりしながら地球を救うことになるが──。ネットでは酷評の嵐!のスペースオペラ作品。でもわたしは好きです。

  • 2019年12月10日

『ウォークラフト』 :誇り高き戦闘民族の侵略を阻止せよ

★★★★☆分裂したオーク氏族を纏め上げた呪術師グルダンは人間世界への侵攻を企図していた。だがグルダンが禁断の魔法に手を出したことを知り、オークの族長デュロタンはグルダンの手法に疑問を持つ。デュロタンは人間を利用しグルダンの野望をともに阻止しようと計画するが──。オークが格好いい!誇り高きオーク好きのための作品!

  • 2019年12月3日

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 :理解できないなら分解せよ

★★★★☆事故で妻を失っても悲しみを覚えない男デイビス。だが何故か色んな物の中身が気になり、ついには冷蔵庫やPCを解体し始める。そんなデイビスを興味を持ち近づく女性カレンとは不思議な間柄となり、その子クリスとデイビスは自宅まで解体することに──。コメディタッチの癒やし系作品。カプチーノでも飲みながら疲れた時にどうぞ。

  • 2019年11月25日

『ザ・ウォーク』 :高所恐怖症は見れませんよ!

★★★★☆フランス人綱渡り師のフィリップ・プティはある時ワールドトレードセンターの記事を見て、その双子のビルの屋上間にワイヤーを張り、その上を歩くという構想を思いつく。プティは仲間とともに犯罪でありつつも芸術的価値があるその計画を着々と進めるが、数々の難問が待ち受けていた。プティは無事WTC間を綱渡りできるのか──。

  • 2019年11月16日

『アナイアレイション ─全滅領域─』 :「宇宙からの色」による汚染がもたらす創造

★★★★☆空からやってきた何らかの物体によって、謎の色彩による汚染が拡大していく。汚染地域内へ入った主人公たち学者グループは、周囲の生物との遺伝子のミックスがその色によって引き起こされることを発見する。主人公らは色彩を生み出す原因を突き止め、これ以上の汚染を食い止めることができるのか──。