『ゼロ・グラヴィティ』 :美しいほど冷酷な宇宙

評価★★★★★
原題Gravity
公開2013
時間91 min
監督アルフォンソ・キュアロン
出演サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー

First Impression ─まえがき

この作品『ゼロ・グラヴィティ』を始めてみた時、「人間はもうこんなものを描けるようになったんだなあ」と思った記憶がある。その反応は遅かったかも知れないが、当時私はそれほど映画を見る人間ではなかったのだ。

この映画の原題は “Gravity” である。日本公開時に邦題を「ゼロ・グラビティ」にしたのだろうが、そうすると作品全体に結構な意味合いの変化をもたらしてしまうので注意が必要である。細かいことを言うと「無重力」は英語で “Weightlessness” であって、”Zero Gravity” ではない。

さらに細かいことを言うと、この作品における無重力状態は「重力が存在しない」状態ではない。この辺は日本語の「無重力」という言葉の問題でもあるのだが、作品内では常に、しかも完全に地球の重力が働いている状態(だから原題が “Gravity” でないとまずいのだ)なのでこれまた注意が必要である。ややこしいことを言っているようだが、これは後半で説明する。


ド・リンク

Plot ─前半のあらすじ

ライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)はスペースシャトル「エクスプローラー」のクルーのひとりである。ライアンにとってこの仕事は初の宇宙空間でのミッションだった。

ライアンは同じくエクスプローラーのクルーであるマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)とともに船外活動にてハッブル望遠鏡のハードウェア故障の原因を突き止めようとしていたが、その作業は難航していた。

やがてNASAの宇宙センターである「ヒューストン」から、ロシアが自国の衛星を一機破壊したとの連絡が入る。そして衛星の破壊によって生じた無数のスペースデブリがエクスプローラーの方向へ向かって動いているということだった。

ライアンらは直ちに船外活動を中止するも、デブリの到着は早く、エクスプローラーは破壊され、ライアンは衝撃で宇宙空間に放り出されてしまう

マットの尽力によってライアンは何とか救出されるも、ライアンとマット以外のクルーは全員死亡し、また母線を失ってしまったために二人には帰る場所がない。そこでライアンらは約1500km離れたISS(国際宇宙ステーション)へ向かってEMU(船外活動ユニット)を使って遊泳する

辛くもISSに到着したライアンとマットだが、ISSに連結されているソユーズ二機のうち一機はすでに離脱しており、もう一機は外部に損傷を受けていた上に着陸用のパラシュートが開いていた。

さらにふたりはEMUの燃料切れからうまくISSに取り付けなかった。ライアンはマットを縛るロープを捕まえたものの、ライアンも辛うじて彼女の足がソユーズのパラシュートに引っかかているのみだった。

マットは慣性によってISSとは逆の方向へと引っ張られていた。マットはこのままではライアンすら危険となると判断し、自分を支えるロープを切り離し、自分自身を宇宙へと放り出してしまう

ライアンは酸素切れを起こしながらも何とかソユーズに乗り込み、もはや地球へ帰るための唯一の望みとなった中国の宇宙船「天宮」へと一人で向かうこととなる。

Review ─批評と解説

この作品には嘘がある

この『ゼロ・グラヴィティ』は、演出上の「嘘」が割と重要な局面で使用されている。私はこの「嘘」はあまり気にしないし、作品の素晴らしさをそこまでは損なわないと思っているが、納得できない人はいると思うので重大なものをひとつだけ書いておく。

あらすじにも書いたが、ライアンとマットが始めに船外活動していたハッブル宇宙望遠鏡とISS国際宇宙ステーションは約1500Km離れている。1500Kmは東京から鹿児島まで以上の距離であり、従って「ハッブル」からISSまで「泳いで」いくのは事実上不可能である。しかも「ハッブル」を離れた時、ライアンの酸素タンクはほとんど枯渇し、マットのEMUも燃料切れに近かった。無論どちらも満タンの状態だったとしても1500Kmは不可能である。

1500Kmは言うまでもないが、時速100Kmで動いても約15時間かかる距離であり、時速100Kmという速度すら、宇宙服に身を包んだだけの人間が出すスピードとしては完全に自殺行為である。その速度では小石程度のデブリに当たっただけでも肉体もしくは宇宙服に深刻なダメージを及ぼすはずだ。

船外活動の危険さ

宇宙空間では「無重力」なので「重さ」はなくなるが、質量(=慣性)がなくなるわけではない。だから人間の肉体も(他人の肉体も、そして当然ながら自分の肉体も!)、宇宙空間で引っ張ったり、押したりするのには、地球上以上に相応のちからが必要となる。宇宙空間中の物質や人間が浮いているからといって、空気に漂う風船を捕まえたりするようにはいかない。地球上では重いものほど固定されているが、宇宙空間では「重い」ものでも宙に浮いて漂うのだ。人間が支えのない状態でそれにぶつかったら、文字通り一瞬で「OUT」である。

『ゼロ・グラヴィティ』はそういった宇宙空間での活動の困難さが描かれている。上記のように重力と質量の法則をきちんと描いているのは当然として、「音」の存在もそうである。宇宙空間を介して音声は伝わらない(音を伝える物質がない)のだ。だから地球上と違って質量のある物質が自分に近づいてくることを耳で判断するのは不可能である。空気のある船内から船外への扉を開けた時、音が消えるという演出も素晴らしい。

そして宇宙空間を描くために敢えて「人間ドラマ」を避けた点も評価したい。出てくるのはライアンが一人娘を失ったこと、マットがライアンの犠牲になったことくらいで、それも作中ではサラッと流されている。余計な「人間ドラマ」を避けたことで、逆にライアンの大地への帰還がヴィヴィッドに伝わってくる仕掛けだ。

また宇宙空間から水中へ、そして大地へという流れもよくよく考えられている。水中に漂うことで浮力を感じ、土を掴むことで地球の引力を感じ、”Thank You” 。そしてしっかりと地球に立って歩いていく。この題材の作品に相応しい、これ以上ない演出である。

「無重力」と「重さがない」のは別のこと

なお「無重力」という言葉は重力がないことを本来表すはずだが、実際には文字通りの意味がない。ややこしいことにみんなが「無重力」という言葉を使う際には、なぜか「重さ(=重量)がない」という意味で使っているのだ。重力と重量は違う概念のはずなのに。

我々日本人が「無重力」と呼ぶとき、それは本当はだいたい「無重量」のことを表している

この点では英語のほうが分かりやすい。無重力は英語で “weightlessness” つまり weight=重量 が less=ない ということ。もう一度言うが、英語では重さがないことを “Zero Gravity” なんて言わない。

また質量と重量と重力を混同してはならない。例をひとつあげれば、地球や月や木星には質量も重力もあるが、重さと重量はない。人工衛星も宇宙で自由落下状態にあるときには重さはないが、地球の地面の上にあるときには重さが現れる。

だいたい地球の軌道上を周回する物質には全て地球の重力が働いている(だから周回できる)ので「無重力」ではない。重力は地球の大地上と地球の周回軌道上では違う振る舞いをする(ように見える。実際は周回軌道上の物質も、地球の大地上の物質と同じように常に地球に引っ張られている。つまり「落ち続けて」いる)。ただ地面に接している物質は地面に邪魔されて、それ以上落ちることが出来ないだけだ。

だからこの作品は『ゼロ・グラヴィティ』ではなくて やっぱり”Gravity” が正しい。作中で「無重量」は嫌になるほど味あわされるが、ゼロ・グラヴィティつまり本当の意味での「無重力」(=ある物質に重力が働くことのできない状況)になったことはない。

<おわり>

ド・リンク