CATEGORY

アクション – クライム

ギャング・マフィアものなど。基本的には無法者が無法者と戦うタイプのバイオレンス作品であり、ポリス・アクションのような刑事司法側面からの法と正義の執行や、スパイ・アクションのような謎解きに重点が置かれないものとする。

  • 2020年9月30日

その女諜報員 アレックス : 美女の奇妙な興宴

南アフリカ共和国ケープタウンのとある銀行内で強盗事件が発生。犯人は黒いスーツで全身を頭部まで包んだ四人組。強盗らは目的のダイヤとUSBメモリを手に入れたものの、強盗の内ひとりの女アレックスの顔が晒されてしまう。アレックスたちは逃走に成功するが、USBメモリを追ってきた殺し屋に命を狙われ仲間を一人二人と失っていく──。

  • 2020年1月6日

『ザ・フォーリナー/復讐者』 :ジャッキー、今度はIRA相手に一発やらかす

★★★★☆元米国特殊部隊の隊員クァン(ジャッキー・チェン)はIRAの爆弾テロで一人娘を失う。失意と絶望に苛まれるクァンはIRAのテロリストたちに復讐を誓う。クァンは、元IRA、現北アイルランド政府の副主席大臣リアム(ピアース・ブロスナン)から首謀者の名を聞き出そうとするが、リアムは口を割ろうとしない。そんな状況に苛立ったクァンはリアムを脅迫し始めるが──。ジャッキーとブロスナンという異色の共演のクライムスリラー。

  • 2019年12月24日

『ラスト・スタンド』 :NOW I HAVE MACHINE GUNS HO-HO-HO!

★★★★★アリゾナ州国境の田舎町ソマートン。この町の保安官レイは、脱走した犯罪者コルテスがソマートンを通り抜けメキシコへ向かおうとしているとの連絡をFBIから受ける。レイの部下はたったの四人。一人は事なかれ主義、一人は今日までブタ箱に入っていた男、一人はまだ若い女性副保安官、一人は武器マニアの素人。対して敵は国際的な麻薬王であり、そしてその熟練の武装した手下達だった。保安官レイはコルテスとその手下どもを阻止できるのか──。

  • 2019年12月20日

『ファースター 怒りの銃弾』 :経られる前に経ろ!

★★★☆☆刑務所を出所したジェイムズは、自分の兄を殺した男たちに復讐を誓う。躊躇なくクズ野郎を殺していくジェイムズだったが、今度は逆に殺し屋がジェイムズを狙い始める。ジェイムズは殺られる前に殺れるのか──。ザ・ロックことスコーピオン・キング主演のクライムアクション。経られる前に経ろ!